福島県一覧

NO IMAGE

富士の湯(福島県会津若松市駅前町)

法事でひさしぶりに会津若松を訪ねた。市内近郊には東山、芦ノ牧といった温泉街もあるが、夜通し走った寝不足を解消すべく立ち寄ったのは、駅至近の富士の湯という日帰り温泉施設。入館料400円、駐車場無料、仮眠...

NO IMAGE

湯元元湯(郡山市熱海町熱海)

熱海といえば、全国的には静岡県の熱海温泉だが、福島県民にとっては磐梯熱海温泉を指す。郡山市街地と猪苗代湖のほぼ中間に位置し、郡山の奥座敷と呼ばれる温泉街だ。伊豆出身の領主が治めていたことに由来するらし...

NO IMAGE

並木温泉ゆの郷(郡山市並木町)

いつも旅行するときはほとんど無計画なのだが、いちばん悩むのは宿のことだ。健康ランドがあればよいが、やむなく道の駅などで車中泊することも多い。季節によっては寒かったり暑かったりするし、ゴールデンウィーク...

NO IMAGE

仙気の湯(福島市飯坂町湯野)

せっかく飯坂温泉を訪れたのだから、もう1ヶ所くらい共同浴場を。鯖湖湯は観光客も利用しやすい雰囲気だったが、今度はもっとローカル色の強い、地元住民ばかりの浴場を訪れてみたい。どこでも良かったのだが、なん...

NO IMAGE

鯖湖湯(福島市飯坂町字湯沢)

飯坂温泉は福島県を代表する温泉地で、かつ、宮城県の鳴子温泉、秋保温泉と並ぶ「奥州三名湯」。開湯は古く、日本武尊が東征の折に発見したという伝説も残っている。温泉街は飯坂温泉駅前から広い範囲にあり、摺...

NO IMAGE

沼尻温泉元湯への道(福島県猪苗代町)

今回の福島県温泉旅行のテーマは、秘湯と共同浴場。金山町の大塩温泉のほかに、絶対に訪れようと思っていたのが、猪苗代町の沼尻温泉だ。安達太良山の西に位置し、沼尻スキー場と数軒の旅館があるだけの、知る人...